血統書のある犬を飼う

パピーパーティのメリット

サンプルイメージ パピーパーティは、パピヨンの子犬のための交流ができる場になります。

親犬や兄弟から自然に学ぶことのできなかった、犬同士の触れ合いを経験させることを目的としています。

パピーパーティに参加することで、パピヨンの子犬は様々なことを身につけることができます。

人とたくさん触れる環境を与えてあげることで、人に慣れるようになり、
人見知りがなくなります。これから先にどんなタイプの人や物・音・状況が
引き起こっても、パニックになることなく落ち着いて対応できるように
精神を鍛えることができるようになります。

生後2〜4か月頃は社会化期と呼ばれ、恐怖など感じる前に
好奇心の方が先に出るので、さまざまな人や物に慣らすことに
最適な時期と言われています。

子犬の社会性

この時期にいかに過ごしたかによってその後の犬の性格や行動を
大きく左右するようになります。子犬を参加させる場合は、
子犬に無理をさせないことが一番大切なことになるので、
怖がっている場合など恐怖心が植え付けられてしまうので
無理せず愛犬を見守るスタンスをとることが大切になります。

パーティーは、動物病院やトリミングサロン・しつけ教室で開催されることが多いです。

ブリーダーから迎えた後に大切なこと

パピヨンをブリーダーから迎えた後に、社会性を身につけさせることで
落ち着いた性格のパピヨンになることができ、どのような状況でも
冷静でいることができるようになります。

1回だけでは身につけることはなかなか難しいので、
何度も経験させることが大切になります。

飼い主自身が社会化のさせ方を覚えることで、パピヨンに日常的に
トレーニングすることもできるので、積極的に覚えた方が良いです。

しつけに慣れさせる

適正な時期にパピヨンの子犬のしつけをしないと人や犬と触れ合う時間が少なかったり、外に出ず家に引きこもっていたりすると成犬になってから吠える、噛むなど、問題行動を引き起こす可能性が高くなるので、ブリーダーから迎え入れた後にはきちんとしつけをすることが大切になります。

社会性が身についていない犬が増えているのは、社会化期に母犬と離れることで、
母犬から自然に学ぶことができなくなることが原因だといわれています。

パーティーは飼い主も勉強することができる貴重な機会になり
、迎えた子犬がどのような性格なのか把握して、今後どのように育てていくのか
考えることができるのです。

マナーを身につけさせることで、問題行動を未然に防ぐことができるようになります。

HOME  パピヨン子犬の購入先  正統な書類  パピヨンのブリーダーの生体保証  事前に確認  パピヨン犬のしつけ方  人気が高いパピヨン  飼いやすい  購入時期  パピヨン成長過程  迎える準備  売れ残りの犬   環境を整える  見極める  取扱業者   種類と違い  純粋犬種   必要な運動   パピヨンの祖先スパニエルとは   外飼いする際の注意点   初めて子犬と対面   身につけておきたい社会性   SITEMAP

Copyright(c) 2011-2021 real−papyon All Rights Reserved.