血統書のある犬を飼う

優雅な姿が人気のファレーヌの特徴

パピヨンの正しい育て方 昨今は日本国内で、空前のペットブームが訪れています。特に犬を飼育なさる方の割合が高い傾向で、総務省が調査をしたところ約8000万世帯にのぼっているほどです。

以前は日本固有の犬種が好まれていましたが、この場合は中型から大型になるため戸建てで庭があるという住居限定となっていました。

現在ではこの住宅事情を考慮した小型が支持をされており、マンションやアパートの室内飼いが好まれています。とくにパピヨンという個体が人気で、多くのペットショップで取り扱われているほどです。

人気の高いパピヨン

このパピヨンの特徴を簡単に説明すると、フランス原産でファレーヌという種族に分類をされているものです。12世紀から13世紀ごろに作出をされ、何度も交配・品種改良がなされて現在に至ります。

毛長の体毛がこの種族のポイントで、走ったときに風に吹かれる姿が蝶が羽ばたいているように見えるのでパピヨンと名付けられました。18世紀にはベルギーの貴族や王族の間で飼育をするのことが流行り、その後は欧州からアジアにも広がりました。

日本には江戸時代中期にオランダから持ち込まれ、徳川綱吉が溺愛していたほどです。温厚な性格で、室内飼い向きです。

パピヨンは成長過程ごとで与えるフードが変わる

以前は犬に与える餌というと、人間の食事の一部を与えるのが基本でした。
しかし1970年代後半頃の高度成長期になると、ペット専用フードが市場に登場しました。

この時代からは犬に対しても人間とは別の食べ物を与えるのが一般的となります。

昨今では各社メーカーからさまざまなものが販売されていますが、パピヨンの場合だと成長過程ごとに見合ったものを食べさせないといけません。それはパピヨンは消化器系の発達が若干弱くなっており、健康管理を飼い主がしっかりとおこなわないと体調を崩しやすいからです。

パピヨンの健康管理

まず0歳から1歳の子犬時期が健康管理で注意をしたい点で、ここでは消化の良いウェットタイプの缶詰が望ましいです。パピヨンは小型で腸が短いため、乳酸菌類を消化し難い個体です。

2歳以降であれば少量の犬専用ミルクを与えても構いませんが、子犬期では必ず避けないといけません。5歳以降の成犬になると今度は反対に、骨格形成を促すためのカルシウムを多く摂取をさせないといけません。

成長過程ごとでフードを変える個体はパピヨンだけとなっており、常に飼い主が気にかけて適切な飼育方法をすることになります。その分愛情を抱きやすいといえるでしょう。

HOME  パピヨン子犬の購入先  正統な書類  パピヨンのブリーダーの生体保証  事前に確認  パピヨン犬のしつけ方  人気が高いパピヨン  飼いやすい  購入時期  パピヨン成長過程  迎える準備  売れ残りの犬   環境を整える  見極める  取扱業者   種類と違い  純粋犬種   必要な運動   パピヨンの祖先スパニエルとは   外飼いする際の注意点   初めて子犬と対面   身につけておきたい社会性   チャンピオン犬の条件   注意したい健康管理   SITEMAP

Copyright(c) 2011-2022   ペットショップよりブリーダーが直に販売するパピヨンを買った方がいい?  All Rights Reserved.