血統書のある犬を飼う

訓練は行ったほうが良い

サンプルイメージ パピヨンをお迎えするレッスンが必要かどうか気になる人は多いはずです。

結論から言いますと、これは行ったほうが良いと言えます。パピヨンは利口だとされているので、ドッグトレーニングをしなくても上手くいくだろうと考える人もいるかもしれません。

確かに、パピヨンは利口なケースが多いと言えますが、
全く訓練を行っていなければ生活に支障が出る可能性が高いです。

パピヨンに必要な訓練

トイレをする場所をきちんと覚えない、エサ以外のものを食べてしまう、
待ってほしいタイミングで駆け出してしまうというような問題を引き起こしかねません。

飼い主が大変な思いをするだけではなく、事故やトラブルを防ぐためにも
ドッグトレーニングは実施しておいたほうが良いと言えます。

訓練らしい訓練をしなくてもスムーズに受け入れてくれる子も
いるかもしれませんが、初めのうちは根気強く指導しなければならないことが多いです。

覚えの良さは個体差があるので、難しいと感じられる場合は
レッスンサービスの利用を検討する必要もあります。

自分で行うとしても専門家に依頼するとしても、パピヨンをお迎えするには
ドッグトレーニングを行うことになると理解しておくと良いでしょう。

最初に対面するときの注意点

ブリーダーが出張してくれて、パピヨンの子犬と対面できることも多いです。
初めて会うことにワクワクして楽しみにしている人は多いはずですが、
その前に注意点を知っておくことが大切だと言えます。

これを知らないまま当日を迎えてしまうと、せっかく来てくれたパピヨンを
怯えさせることになるなど、トラブルに繋がる可能性が高いと理解しておきましょう。

初めてやって来る日には、ある程度静かな環境を用意しておくことが大切です。

初めての場所で緊張している上に大きな音が聞こえてくると、
パピヨンが身構えることになってもおかしくありません。

怯えるパピヨン

大音量でテレビや音楽をかけないようにする必要がありますし、
別の部屋であったとしても楽器の演奏などはやめたほうが良いと言えます。

他の動物をケージに入れるなどして、いきなり対面することがないように
配慮しておくことも大事です。仲良くなることができるケースもありますが、
お互いを警戒してしまうことがないとは言えません。

既に犬を飼っている場合は、様子を見ながら会わせるかどうか決める必要があります。

ブリーダーに出張してもらってパピヨンと会うのであれば、
このような点に注意しておくとスムーズに対面できるはずです。

HOME  パピヨン子犬の購入先  正統な書類  パピヨンのブリーダーの生体保証  事前に確認  パピヨン犬のしつけ方  人気が高いパピヨン  飼いやすい  購入時期  パピヨン成長過程  迎える準備  売れ残りの犬   環境を整える  見極める  取扱業者   種類と違い  純粋犬種   必要な運動   パピヨンの祖先スパニエルとは   外飼いする際の注意点   初めて子犬と対面   身につけておきたい社会性   SITEMAP

Copyright(c) 2011-2021 real−papyon All Rights Reserved.