血統書のある犬を飼う

垂れている耳は矯正をした方が良いのか

パピヨンの正しい育て方 パピヨンは耳の形が特徴的な犬です。立った状態の犬が多いですが、中には全体的に垂れている犬もいます。

垂れ耳のパピヨンを飼っている飼い主の中には、形を矯正をした方が良いのかわからなくて困っている人もいるかもしれませんが、結論から先に言えば、垂れ耳は矯正の必要性があることが多いです。

垂れている状態であっても普通に生活をすることは可能ですが、
矯正をすることには耳が垂れているパピヨンにとってさまざまなメリットがあります。

矯正の必要性があるのは、垂れている状態であると
病気になる可能性が高くなってしまうからです。

パピヨンと耳の病気

垂れた犬が通常の犬よりも病気になりやすくなってしまうのは、
耳の中が病気になりやすい環境になってしまうからです。

犬の耳が病気になってしまう原因として多いのは、
耳の中に過剰な湿気がたまっているような場合です。

耳が垂れていると出入り口から空気が出入りしにくくなってしまうので、
内部が蒸れやすい状態になってしまいます。

こうした状態が長期間続いてしまうと、外耳炎などの
病気になってしまうこともあるので、垂れている場合は
矯正した方が良いと言われています。

こうしたことも考慮して、飼い主は矯正をした方が良いかどうかを
判断することになります。

ブリーダーと相談することの重要性

耳が垂れているパピヨンを飼っている人が、耳の矯正を考えている時には
ブリーダーに相談するのが最適な方法です。

ブリーダーはパピヨンに関する専門的な知識を多く持っているために、
矯正をするために知っておいた方が良い情報などを教えてくれます。

ブリーダーに相談

耳の病気の予防に関する相談もブリーダーにすることができます。
垂れた状態の耳を矯正するためにはテーピングなども効果的な方法で、
こうしたテーピングの具体的な方法を知りたい場合にも、ブリーダーに相談できます。

パピヨンの垂れた耳を矯正するためにテーピングをしたい場合には、
まず垂れている耳を飼い主が自分の手で立てた状態にします。

この状態のままで、立てられた耳の根本の部分にテープを巻きつければ、
耳が立った状態を固定することが可能です。

テーピングをして垂れた耳を矯正する時に気をつけた方が良いのは
矯正をおこなう時期を間違わないことです。

子犬の時に矯正をした方が、耳の形を直しやすくなります。
この方法が最適なのは、子犬の頃は耳の部分の骨が
まだ十分に硬くなっていないため、矯正の効果が高いからです。

テープを貼る部分の毛を短く切っておいた方が良いことも、
矯正をする時に注意しておくべきことです。

HOME  パピヨン子犬の購入先  正統な書類  パピヨンのブリーダーの生体保証  事前に確認  パピヨン犬のしつけ方  人気が高いパピヨン  飼いやすい  購入時期  パピヨン成長過程  迎える準備  売れ残りの犬   環境を整える  見極める  取扱業者   種類と違い  純粋犬種   必要な運動   パピヨンの祖先スパニエルとは   外飼いする際の注意点   初めて子犬と対面   身につけておきたい社会性   チャンピオン犬の条件   注意したい健康管理   耳の病気の予防   SITEMAP

Copyright(c) 2011-2022   ペットショップよりブリーダーが直に販売するパピヨンを買った方がいい?  All Rights Reserved.